かえるのトンネルより~セミナーのお知らせ

0から始めるプログラミング教育とこれからのテクノロジー

2020年小学1年生から3年生までのプログラミング教育必修化が目前まで迫ってきました。色々な教材はありますが、そのような年齢の子どもたちにプログラミングをどのように伝えていけばよいのか、全く想像もつかない方も多くいらっしゃると思います。
これからの社会を見据えた地域の方々の力で、子どもたちの未来は明るくなるのではないか。未就学児でも楽しく取り組めるプログラミング教材を用いたワークショップであれば、プログラミングに苦手意識のある方でも実施できるのではないかと考え、このセミナーを開催することとしました。

【このセミナーの特長】

◇ 未就学児から小学校高学年まで、幅広い学齢で使えるプログラミング授業例
小学校の授業や100人規模のイベントの他、親子でのワークショップなどを実践してきた講師による
ビジュアルプログラミング言語「viscuit(ビスケット)」を用いたプログラミング授業の基本形式を実践できます。
子どもたちに対して展開する上での勘所や機材の管理方法の一例、継続的に取り組むうえでのポイントなどをお伝えします。

◇ 第4次産業革命の最中におけるプログラミング的思考の必要性
18世紀末の水力や蒸気機関による工場の機械化から、20世紀初頭電力を用いた大量生産、1970年代初頭からの電子工学や情報技術による一層の自動化をもたらした第3次産業革命に続く第4次産業革命。特に、AI(人工知能)は多くの方にとっては得体が知れず不安を感じることがあるかもしれません。これからの時代を生きる子どもたちにとってプログラミング的思考は一体何になり得るのか、また既に身近で起こっている変革にどんなものがあるのかについてご紹介します。

・プログラマを目指すわけではない人にプログラミング的思考が役に立つのはどんな時か?
誰もがプログラマになるわけではないのにプログラミング教育が必修化されるということが不思議に思う方多くいらっしゃいます。まして、「プログラミング的思考」と言われても余計に難しいような気がする方も多いかもしれません。プログラミング的思考についての基本的な理解と、プログラマではない方にとってのプログラミング的思考が役に立つシーンというものを参加者全員で考えるワークショップを行います。

対象者

主に小学校,幼稚園,保育園の先生方

※プログラミング教育に興味関心のある社会人向けです

持ち物

特に必要ありません。

日時

9月8日(土) 14:00-16:00

参加費

1人 5,000円(税込)

場所

〒131-0032 墨田区東向島5-14-6 101

かえるのトンネル内「Le Cafe(ル・カフェ)」にて

以下のフォームよりお申込み頂けます

※備考欄への「参加人数」「お子さまの年齢」などの記述は不要です


※info@neta.or.jpから送信します。
携帯メール受信の選択/拒否をしている場合、上記のアドレスを受信できるように設定して下さい。

NEXT IT School